レビトラのジェネリック医薬品に見られる2つの利点

製造プロセスは本家と一緒

高すぎて断念新薬の設計図から?製造プロセスは本家と一緒

いわゆる劣化コピーの製品ではなく、正式的なプロセスを経て合法的に製造される本家の姉妹品ですので、安いからといって品質や安全性が新薬よりも低い事はありません。
レビトラの後発医薬品の場合も、新薬と同じ持続力と飲みやすさ、ペニスの力強さを得られます。
完璧に同じとは言えない理由としては、後発医薬品の製造段階における微妙な違いがあるためです。
新薬をベースに製造される後発医薬品ですが、製造の途中で使用されるごくごく少量の材料が違っているため、物理的には僅かに違う医薬品となります。
錠剤として加工するために必須なコーティング剤に違いがある等、いくつかの差異が残っているため、本家レビトラと完全に作用時間や効き目が一致しない事もあります。
ただ、実際には誤差の範囲であり、同じ新薬の中でも錠剤単位で効果に誤差は生じますので、ジェネリック医薬品だからといって、やはり新薬よりも効果が低い、作用までに時間が掛かるといったデメリットはありません。
また製造企業がインド、見た目が新薬よりも若干奇抜、パッケージが派手などの特徴の方が差異として目立っています。